忍者ブログ
気が向いたら書く日記と、頂いたありがたき拍手への返信。並びに参戦したライブ感想、そのほか日常をボソボソと。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
衝撃の発表から一夜。
加納さんの脱退は色んなWEB上のニュースを賑わして。
ヤフトピにまで載って。

今回、一番最初に知ったのは会報でした。
加納さんの結婚も会報で知ったし。

どっちもコピーが1枚。
だけど今回は手書き、でした。

あの文面やインタビューを読んで思うのは。
「何のために休止したのか」
よりも
「休止の必要性ってなんだったんだ」
に疑問がシフトしてきました。

そもそも休止が無ければ加納さんは脱退しなくて済んだかも。と。


あの文面からだと休止があっての脱退、と言う意味合いですが。
わたしは逆だと思いました。

最初から脱退があって、でも脱退と言いだせずに休止。
だから再活動、ではなく、再集結。

脱退でRAG FAIRを解散するか、で揉めたか悩んだか。
あの時点で脱退を宣言したならば、それは休止でなく解散、になるであろう、と。

解散、に持って行きたくないからの、休止。

そう捉えました。



…でもね。
わたしがいっちばん今回…いや前から気に入らないのは、このすべてが事後だと言う事。
後付けだと言う事。

なんでこのタイミング?なんで今更!?なんですよ。

これはもう、事務所の都合だろうと踏んでます。

加納さんが脱退することで、古参のファンはRAG FAIRがRAG FAIRでなくなる。
と自覚し。
尚且つFCの継続用紙がまだ先の人まで入れてあって。
誰が継続する!?
あんまり都合のいい事ばっかり御託並べやがってクソ事務所!!!と(苦笑)

わたしのFC期限、実は7月末。

今回更新するつもりでいましたが、かなりぐらついてます。
らぐにお金使う事にためらわないわたしでさえこんななのに、これきっかけで離れる人続出すると思うんです。

『あの、楽しかったRAG FAIRがもう二度と観れない』

理由はこれだけで十分。

アカペラバンドである以上、ベースは基盤。
絶対欠かせないポジション。

引地さんがベースをやるのか(リード向きなのに…)はたまた代わりを入れるのか。

多分アカペラを続けるとなれば、代わりが入る事は必至でしょう。
そうなると、それを認められるのか?それでもRAG FAIRと言えるのか?
と言うのが古参ファンの心配の大元だと思います。

わたしもいっその事、RAG FAIRって名前を永久欠番にしてほしい。
別のバンド名つけて活動再開したらどうやねん、と…。

ベツモノになるのは目に見えている。

あくまでも『あの6人でRAG FAIR』。

この認識はファンの共通概念。

なぜ当の本人たちがそこにこだわってくれなかったのか。





一番正直な言葉で言います。

『見損なったよ』

この文字の前に『信じていたのに』が入る事は言うまでもなく。




もう戻らない、事実にすがっても仕方ないので。
彼らの背中はもう、追わないと思います。

恋人から知り合いに降格、かな(苦笑)





向うが自分で距離、置いてきたんだからしょうがない。
こればっかりは致し方ないんですよねぇ。

フラレタ。

もともと片思いだったのに、明確にフラレタ。


そんな感じ、です(笑)




またブログ、更新しますよー。

つらつら文字に起こすことで考え、まとまってくる人間なので←迷惑w



とにかく。
らぐをたのみなさん、フラレタのは仕方ないから軽く行きましょう。
誰も今までの頑張り、否定したりしませんし。
気持ちはみんなイッショ。
一番認めて欲しい人からは、もう手の届かない所へ逃げ込まれてしまいましたからね。

ちゃんとサヨナラさえ言わせずに。


…ダダこねたりしないよねぇ。
あ、逆か。
サヨナラ、言われたくないのはソッチなのか←強がり半分、イヤミ半分(笑)
フルよりフラレル方がいい女だったりするんだぞ~フン。
PR
ブログの更新があいてしまいました…。

いやもう、ね、なんて言うか、ね…。

仕事で疲れ切っててもう、帰って家の事ちょっとして寝る!みたいな繰り返しの日々。
ゴールデンウィークも疲れを取りきれず終わってしまい。
今、いちばん疲れがたまってる、そんな状態です…。
昨日なんて帰ってきて夕飯の後片付けして、テレビ観ることなく自分の部屋戻って。
何気に横になったら…。
日付変わってたよ!?
何にもしてないで←寝てた。

仕事がねぇ…。
前例のない仕事、だから正解が分からない。
自分も分からないのに会社の中で他の人はもっと分からない。
誰もあてに出来ず、指導してもらえる人もいない。
こんなんでいいのか、どういうレベルなのか、相談しながら訊きながら。
暗中模索もいいところ、五里霧中で仕事なう…って感じで(涙)

いつまでも余裕なんて生まれてこず。
メインのエッチングの仕事が安定して落ち着き始めて一息つけるかと思いきや。
カラー印刷の仕事=テスト、サンプルをああだこうだと山ほど作れと持ってくる。
で、仕事の仕方方法が確定させるまでの試作をたくさん作らされて脳みそごっちゃごちゃ。
「10%色変えて、出力白200%で」とか細かい注文でサンプル作らされるからたまったもんじゃない。
そんな微々たる変化、人の目で判断できるレベルじゃなかったりするって口で説明しても納得しない…。
営業も周りも知識なさ過ぎて本当に困るのであります…。

自分自身勉強中の身なのに、営業はもっとド素人。
仕事取って来ようって人間が出来る内容把握しないで外回りするんだからたまったもんじゃない。

…。

ま、ようは仕事がキツイ、と言う事です、あはは(苦笑)



そんなこんなで気の抜けない毎日を送ってる所為か、プレッシャーが半端ない所為か、家に帰ると眠くて眠くて。

そのうち自分のしたい事が出来ないストレスが爆発するんじゃないかと思うと…。
てか、そこまでまだまだ体力的に回復しないので、とにかく寝たい!と言う、もうどうしようもない感じです…。





ま、仕事や会社の事は本来、どーでもいいや~。
ただ、忙しい割に報われない状態、です、フン。


そうそう。
ひきちさんのソロ楽曲。
まがりー、購読おススメですよー。
こーどえいちで聴いた曲が順次紹介されるなら。
月額315円はほんと、お得です。

「やっちまうもんです」は今のわたしのテーマソングだし。
先日の「ファミリー」もひきちさんの声のはりかたが、もう…げへへへ。

あ、そうだった。
こんなネタでブログ書こうと思ったんじゃなかった…。


実は前のスクールでの教え子さんで、元デザイナーさんがいて。
アパレル関係らしかったんですが、趣味(いや、実益兼ねてるな)でネコのイラストをずっと描き続けていて、その方が定期的に個展を…スポンサーは猫の去勢等のNPO団体なんですが、今年も某デパートの1階にて行う事になりまして。

すぐに忘れちゃうんですよ、その方の苗字を…orz
N島さんです、N島さん(笑)ペンネームはtaekoで活動してらっしゃいます。

ネコよりイヌ派ですけども、その方の描くネコはふわふわカワイイですわ~。


と。
忘れないよう覚書かねてのブログ更新でした(笑)
花粉の季節になりましたねぇ。
花が咲く季節に鼻(水)がたれてる天沢です。トホホ。

マガリーを初回から購読し、その甲斐あって先日の楽曲配信。
いや~。まさかコードHで披露されたオリジナル曲「やっちまうもんです」が聴けるとは!!
再生して耳にして、小躍りしましたわー。
また耳にできる日が来るとは!!思いもしませんでした。

だってねぇ。
らぶりぃで活動してて、らぐも一応(←イヤミ)活動再開して。
ますます引地さんのソロ活動なんて出来るはずもなく。
よって楽曲なんて絶対耳にできる日はとんとしばらくは来ないと思い込んでましたから。
この曲、ライブで聴いたときも韻を踏んでて引地さんらしい曲だなぁ~と。
さすがに歌詞をすべて聞き取る事は出来ないので、イメージでしか記憶になく。
でもこの曲調、声の張り方(笑)は覚えてましたとも!(笑)

配信日以来、ずっとヘビロテです。
(パソコンでなってる音をパソコンで録音する、と言うのはぐぐると簡単にやり方出て来ますよー)
何しろ歌詞がいい!!
引地さんにしちゃ珍しく(笑)前向きソング。
でもどことなくゆるーい感じで。
肩に力が入り過ぎず、でも自分のペースで前に進もう、的な。
ホントに圧力を感じない、でも底からじわじわ来る感じの、芯をとらえた歌詞、という感想です。

「恐れる事は無い」とハッキリ言ってくれるのが嬉しい。
頼もしい(笑)

もし、あぐねている方がいらっしゃるのでしたら、マガリー、購読すべきです。
後悔はしないですよ、この曲だけで十分元取れてます←少なくとも自分は(笑)

この調子で眠ってる曲をどんどん出して欲しいですね←欲張るなよん…。



それと話題はそれますが、なんだか4月になったらボチボチと情報が解禁されるとか。
らぐの活動、もっとメージャーな形で動いて欲しいですよね~。
てか。

……新曲出してくれ!
もっと視界の広い曲で!


と言っておきながら引地さんの配信曲で結構満足、いやかなり満足してしまってる天沢でした。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア


行雲流水


最新記事
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]