忍者ブログ
気が向いたら書く日記と、頂いたありがたき拍手への返信。並びに参戦したライブ感想、そのほか日常をボソボソと。
[51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明日から仕事、そして土曜も仕事で3連ちゃん。
連荘って麻雀用語か…変換して初めて気づいたわ。

いや、そんな事はどうでもよくて。

仕事の話=WEBに関する話をここで展開してもつまらないのでやめときます、が…。

サイトリニューアルをHTML5で構築しようと頑張ってみたものの。
ついでにタブレット、スマフォ対応(あいぽん専用ではなく、あくまでも“対応”)にしようと思い立ち。

CSSがめんどくさい!
それに…XPのIE8は対応してないからサファリとか別のブラウザで確認作業。
…肝心のIEでの確認が出来ないと言うのもイタイが、XPだとまともに表示しないと言うのもイタイ。

そんなわけでしばらくお預けになりそうです…トホホ。
どりーむうぃーばーCS6を買ったら考えよ、そうしよ。




そして…。
先日はらぐについて振り返ってみたので、今日は今後の予想と展望などを勝手に考察してみます。

まずは近いところで、オレンジバズーカがある、と言う事は、リーダーも3月入ったらなにかやらかす。
そんな気がしてなりません。
コードH2でもあると踏んでます。
多分やるでしょうね~。

で、また東京だけ、なんですよ、むきー。
軍資金が無いから今年はライブ、行けそうにないけど(←飲まず食わず移動費のみ、なら行けるか?)とにかくいろんな活動は相変わらずあるとは予想がつくところですね。

そして、肝心要な再開は…ないと思っています。
これはメンバーの立場からではなく、事務所サイドにたって考えてみて、そう思いました。
てってれさんを個人で推して、成果も出ないうち←日の浅いうちにてってれの個人活動を止めるとは思えないからです。あの事務所ですよ?ドケチなあの事務所ですよ?(二度いうか…)

それとらぐは色々と鳴り物入りでの芸能界デビューだから、最初に金がかかってた。
それはもう、めっちゃ金かけてたと思うんですよね。
あの当時は人気も相当あって…でもアカペラじゃなくなった(あさSun~七八)頃からファンが離れ始めて。
やっぱりらぐ=アカペラという図式は一般常識だったんですよ。

あ、また昔の話になってもた。
戻して。

で、同じ轍は二度踏まない、踏むまいと思う事務所からして、しばらくは個人活動が続くと思うんです。

よって今年は去年以上に、ぶろーど6さんやらぶりぃ、けんち、かのうさんの個人活動が増えていくと予測しています。


ただ、ひきちさんのもうひとつの柱、はくしょんが今後どうなっていくか。
ひきちさんのブログに意味深な言葉ありましたからねぇ。

>しかし、「それが世の中にどう届いたか」という点ではもう一度考えるべきことも多数。
>来年はもっとその辺を考えてみよう。

ひきちさんが思っている形で我々に届いたか?

実はそこが一番重要なポイントだとわたしは思ってましたがねー。

需要と供給の関係について…でもわたしたちが求めるものばかりを作ったとしてそれがひきちさんの作りたいものであるかどうか。

ひきちさんの発信するものが、ひきちさんが思っている形でわたしたちに届いたか。

実はこれ、誰にも分からない、自分自身でさえ分からない事、だと思うんですよ…。
ひきちさんじゃなきゃ分からない。
わたしたちじゃなきゃ分からない。

エスパーでもない限り、人の心なんて読めませんから分かりませんて。

だからきっと感想と言うものが、非常にひきちさんたちにとっては重要なものになってるんでしょうけど。

…以前、わたくし、5時間かけてファンレター=MMTの感想文、書きまして。
ツアーの時に持って行きましたが。
便箋6枚という、超迷惑極まりない枚数。
しかも…手書きだと倍時間がかかるという理由で…パソコン打ち←さいてー。
パソコン打ち込みで5時間て…どんだけ…。

でもあの頃は本当に熱=エネルギーがありました。
まさか最後の全国ツアーになるとは思いませんでしたが…。

そんなにアルバム売れなかったのかと思うと切ないですわー。
たれ目さん、金沢にプロモに来てくれて、嬉しかったのでラジオリクエスト送ったら採用されて(笑)
でもあの時、誰がくるか分からなくて、前日にリクエスト送ったので「らぐふぇあさんに質問です」と書いてしまい、ちょいと悔しい思いをしたことが…。
しかもりーだーだったらいいなと思って、ネタにカニを選んで…(笑)

あれだけ過密スケジュールの中、プロモ頑張ったのに結果でなかったのは非常に残念ですよね。
時代がすでにCDが売れない氷河期に入ってしまってたから、どうにもならなかったんでしょうけど…。

…。
思うのはらぐもすぴさんみたいに地味に活動できなかったのかなーと…。
それは事務所的に無理だったんでしょうけど、それでも堅実に地面に足をつけて確実に…。
なんからぐは浮いてた気がします。

…また脱線してもた。

とにかく今年の前半はひきちさん、けんちとソロ活動があり、春から夏にまたBroad6やLove Diaryでツアーがあり。
今年はBroad6もアルバム発売とかあったりして。

そろそろおくんも活動しないとマズいとは思うんですけど、彼はきっと相変わらずふわふわしてるんだろうなと思います。
彼が一番音楽から遠ざかってますしね。
















こっから先は超個人的な『思い』です。

多分気分を害される人が出ると思うのでたたみます。

「RAG FAIRは6人じゃないと絶対ダメ」だと言う人は読まないで下さいね。

…注意しましたよ、しましたよ?(くどい)


「音楽」を仕事にすることで、生活が音楽と共に在る。
それが当たり前だと思うんですが…。

わたし、最悪4人でRAG FAIRでもいいと思ってます。
6人揃って再開しなくとも、4人でコーラス隊だけで再開しても全然アリだと思っています。

一度音楽から離れた彼と、ほとんど独立状態の彼に今更戻ってハモれるのか、非常にギモンなんですよ。

デビュー前にもらぐは活動休止してた時期がありましたが、それは本当に休止していて、歌っていなかったから。

今は状況も違うし、仕事として確立していて、収入も得ていて。
それぞれが違う場所で、違う方向を向いていて。

でもコーラス隊の4人は常に近い位置にいるから…。
すぐにでも息を合わせる事が出来ると、常に準備万端な状態にあると…。

ただ他の二人には距離が生まれ…。







常にそばにいて欲しい。
いつも一緒にいて欲しい。

たれ目さん自身が言ってたじゃないですか。
いっつも一緒にいるからハモれるって。

わたしがコワイのはその休止期間というブランクを経て、以前のように元通りにハモれるのか?

と言う事です。





更なる飛躍、みたいな事を誓ってくれましたが、バラバラになった方向性のその先に、帰るべき場所としてRAG FAIRがちゃんと存在しているのか…。

その影がコーラス隊の4人はうっすらではあるけど、しっかり見えていて。

後の二人にはそれが感じ取れないんですよね…。





最後にひとつ昔話を。
これ以上のものが作れないと思ったら、そこが解散だ。
そんな事を言ってBOOWYは解散しました…。人気絶頂の時に…。


らぐめんにはまだまだ伸び代があると、わたしは思ってました。
天井知らずで進化し続ける、と…。

むむむむ…。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア


行雲流水


最新記事
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]